ダズンローズ(12本のバラ)に託された誓いとは

昔、男性が想いを寄せていた女性に花束を贈ってプロポーズしたというブートニアの伝説。
結婚式でも演出の中で再現したりしますね。
ですが、あの伝説には実は深い意味があるのを知っていましたか。
結婚を申し込むため、女性の家へ向かった男性は、その途中で野に咲くバラの花を12本摘み、そして12の誓いを立てました。
男性はその誓いの言葉を自分が選んだ12本のバラに託し、花束にして女性に手渡し、生涯変わらぬ永遠の愛を誓いました。
女性はプロポーズを受け、その花束を取り、その愛を受け入れる証としました。
女性は12本のバラの中から一輪だけを抜き、12の誓いの中から一番大切にしてほしい誓いを託して、男性の胸に1本のバラを飾って応えたといいます。
そして、男性は選ばれたバラに託された誓いを守り抜くことを再び誓う。これがブーケ、ブートニアの始まりとなったのです。

男性がバラに託した誓いとは何だったのでしょうか。
12本のバラに託された誓いとは、情熱・永遠・真実・栄光・誠実・感謝・努力・希望・尊敬・幸福・信頼・愛情 だったといいます。

あなたは今どんな誓いの言葉を想像しましたか。


それはきっとあなたが、大切な人との新しい生活に踏み出すために、あなたがもっとも大切に思うことなのです。
長い結婚生活には、様々なことがあります。愛を見失い、誓いを忘れそうになるかもしれません。
それでも、プロポーズの、あの幸せなときを思い出し、二人固く結んだ誓いを守り抜き、幸せになっていってほしいと願っています。

事業主様へ

ここで広告(リンク)を出しませんか?

事業主様のページからお問合せ下さい。

     Feel Garden 
     Feel Garden 
日曜・祝日定休日