お悔やみにはバラはタブー?

最近は、「バラ葬」「オーダーメイド葬」など、 故人が好きだった花や色、物で見送ろうという葬儀も増えてきました。
「バラ葬」の会場の花や故人の棺に入れる花は当然バラです。

 しきたりだからと言って持っていく花が菊である必要がここ最近ではなくなってきています。

 

故人が真っ赤なバラが好きだったという場合、個人の希望を叶えるという形を取る方が増えています。
ご家族は、白いユリと赤いバラ、どちらをご友人にもらったら「故人が喜んでいる・故人を想ってくれている」と感じるかどうか。

 

現在では赤がタブーだから、バラはいけないからと決め付けるのではなく、残されたご家族が、うれしく感じられるものであればいいようです。

 

親しいご友人宛てであれば、決まりにこだわらず、その方のお好きな花や色を選ぶのがここ最近のスタイルだそうです。

ただしここで大事なのは、あくまでも「ご家族がうれしいかどうか」です。
ご家族にじゅうぶん理解があり、不快に思わないと分かっている場合だけです。


また、会場の決まりには従わなくてはいけませんので、注意しましょう。

事業主様へ

ここで広告(リンク)を出しませんか?

事業主様のページからお問合せ下さい。

     Feel Garden 
     Feel Garden 
日曜・祝日定休日